MENU

スポット、単発薬剤師として働く前に知っておきたい事

薬剤師単発、単発薬剤師

単発薬剤師、スポット薬剤師としてダブルワークやパートとして働く薬剤師さんは最近増えています。
しかしその反面トラブルなども有るのも事実です。
例えば単発薬剤師として働く為登録した薬剤師派遣会社とのトラブルや派遣された薬剤師さんが調剤未経験だったなどのトラブルが少なからずあるそうです。

 

スポット薬剤師、単発薬剤師として働く為に最低限知っておきたい事も有ります。

 

単発薬剤師の紹介のほとんどが派遣会社からの紹介になると思います。単発やスポットの薬剤師求人を求人サイトなどで見かけることはほぼないのではないですね!
1日だけの薬剤師の仕事の場合、保証や保険などを考えると派遣会社で働くことになると思います。

 

単発やスポットの薬剤師で働くには、派遣会社への登録が必要ですが、特に薬剤師に特化した派遣会社を選ぶことが重要だと言えます。
一般職も扱う派遣会社では、薬剤師の求人紹介数も限定的な場合が多く、専門職である薬剤師業界に知識のあるスタッフも少ないので満足できる求人紹介やサポートを受けることが出来ない事も多いので、単発薬剤師などの派遣薬剤師の紹介は薬剤師派遣会社を利用することが必要だと言えます。

 

単発薬剤師で働くのであれば、薬剤師の派遣に理解のある派遣会社への登録、紹介が王道だと思います。


派遣薬剤師として働く前に

単発薬剤師として働く為の注意点

・労働派遣法の改正で単発派遣労働が規制されています。

1.60歳以上である場合
2.学校教育法の学校(専修学校・各種学校を含む)の学生又は生徒(定時制・通信制の課程の在学者等を除く)
3.本業の年間収入の額が500万円以上である場合
4.主たる生計者でなく、世帯の年間収入の額が500万円以上である場合
詳細は派遣会社に問い合わせてください!

 

・福利厚生は大丈夫か

派遣会社から仕事を紹介してもらう場合派遣会社との雇用契約になります、ココで問題なのが派遣会社の福利厚生です、大手派遣会社では派遣会社でしっかりとした福利厚生を受ける事が出来ますが福利厚生の不安が有る場合もあります。
派遣会社に登録の際は確認してください。

 

・自分のスキル、経験を登録

単発薬剤師やスポット薬剤師の求人は欠員や人員不測の人材補給の場合が多く薬剤師としてのスキルや経験が必要な場合がほとんどです。調剤が未経験などでは派遣会社からの仕事依頼はほとんど来ませんよ、また虚偽などの登録することは派遣先でのトラブルにもなります。

 

単発薬剤師、スポット薬剤師として仕事を紹介していただくにも知っておかなければいけない事は有ります、上記以外でも注意点など有ると思います。
短期薬剤師、派遣薬剤師に興味がある方は本格的な話や相談をする事をおすすめします。

 

単発薬剤師、派遣薬剤師の詳細