MENU
  このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬剤師派遣登録の前に知っておきたい派遣の話

薬剤師派遣会社へ登録は意外に敷居が高いと思う方が多いようですので、ここでは、薬剤師派遣で働くということと登録、派遣で働いた際の保証や保険などの話を書きたいと思います。

 

まず、薬剤師派遣と言えば、雇用契約を結ぶ会社が派遣会社になるということで、派遣会社からの給料の支払になります。

 

ということは、保険や保証、福利厚生などの加入も派遣会社からになります。

 

この辺りは、登録する派遣会社にもよるので、薬剤師派遣として登録した場合には保険や保証が確実に受けられるとは言えません。

 

ただ、薬剤師派遣会社の多くが、薬剤師賠償責任保険の加入や条件をクリア出来れば福利厚生などの加入もしています。

 

今回紹介している単発やスポットの薬剤師求人は、福利厚生などの加入は無理のようです。

 

薬剤師派遣で働くにあたり、気を付けなければ行かないのが、雇用主が派遣会社になることと、医療業界の派遣紹介には規制が多いこと、労働派遣法で同じ職場で3年以上働くことが出来ないことです。

 

薬剤師単発の派遣紹介では、上記の条件では医療施設への派遣ですね!病院などの単発薬剤師の紹介は出来ないと言えます。

 

後は、30日以内の短期の派遣は、条件があるのでそのあたりは派遣会社にお聞きください。

 

薬剤師派遣に何らかの不安の感じられる薬剤師さんも多いようですが、派遣で働くことで条件が悪くなったり時給が安い、仕事内容が悪いなどはないと言えます。

 

逆に言えば、薬剤師派遣の紹介求人は、時給も高く、条件交渉なども多少対応してくれることも多く、仕事自体は良い条件で働けるケースの方が多いというイメージですね!

 

薬剤師派遣のイメージはと聞かれれば、高時給の求人紹介と短期や単発の求人紹介もできる、フルタイムで働けば年収600万円以上も可能だと言えます。


薬剤師派遣で働くメリット

薬剤師単発や高時給の非常勤の薬剤師として働く際に、出てくるのが派遣というキーワードです。

 

特に短期や単発などの期間限定での薬剤師の求人紹介は派遣薬剤師としての紹介になることが多く、今回紹介している薬剤師単発やスポットの仕事紹介のほとんどが派遣会社からの紹介になることから、派遣会社への登録が必須になると言えます。

 

しかし、派遣登録をすることに躊躇、嫌だと思う薬剤師さんも多く、単発薬剤師としての仕事を探しているのですが、派遣薬剤師としての登録をする段階で辞める方も少なからずいるそうです。

 

派遣への偏見がまだまだ根強く、特に薬剤師などの人材不足で業界では、派遣でわざわざ働く方は少ないと言えます。

 

派遣薬剤師として働く方が増えてきたのは最近でそれまでは、薬剤師派遣紹介は少なく、派遣会社の登録する方もほとんどいませんでした。

 

でもここ数年で薬剤師派遣として登録して働く方は確実に増加傾向にあり、薬剤師求人などで剣先しても派遣というキーワードを見かけることが多くなっています。

 

また、薬剤師派遣で働いてみての口コミなどの評価も良い評価が多いことなどからも派遣薬剤師に興味を持つ方が多くなったと思われます。

 

何よりも、時給面、報酬面や様々な条件の仕事紹介が魅力なのが薬剤師派遣だと言えます。

 

時給の高さでいえば、時給3000円から時給4000円などの範囲の求人紹介がほとんどでアルバイトで働くよりも高い時給です。

 

条件面でも単発やスポットなどの1日から働ける仕事から短期の期間を決めて働ける仕事、長期で働ける仕事まで幅広い仕事に対応できます。

 

薬剤師は人材不足の地域や職場も多く、派遣会社からの紹介を利用している雇用主も多くなっています。

 

仕事の紹介数も多くなっている薬剤師派遣は、これからますます働く方が多くなると言われています。