MENU
  このエントリーをはてなブックマークに追加  

シニア、60歳からの薬剤師単発の仕事

定年後の薬剤師の働き方、シニア、60歳以上の薬剤師でゆったり働きたい、月に数日だけのでも働きたいなど、毎日の仕事ではなく、自分の時間を持ちながら働ける日に働く、都合の良いにだけ働くという働き方として単発薬剤師やスポット薬剤師と言われる働き方はがあります。

 

薬剤師の単発の仕事は、1日から数日間の期間限定の仕事で、副業や子育て意中のママ薬剤師さんの利用も多い求人です。

 

ただ、薬剤師単発の求人紹介は、ほとんどが薬剤師派遣で言う雇用形態になることから派遣会社からの紹介になるとともに、医療業界の派遣紹介には規制も多いので誰でもできるというわけではありません。

 

しかし、60歳以上の方は、派遣法の規制に掛からず、単発薬剤師の派遣で働くことが出来ます。

 

そうです、シニア、60歳以上の方は、薬剤師単発派遣の紹介が可能で、条件に合う仕事があれば、派遣会社に登録して働くことが可能です。

 

単発薬剤師の派遣は、シニア、60歳からの仕事としては条件が良い仕事だと思います。月に数日から働け、時給も3000円以上の求人も多いので、少ない出勤、就業時間でもそこそこの収入も期待できます。

 

時給3000円で8時間働いたとして1日に24000円になります。

 

60歳以上、65歳以上の薬剤師さんなら年金の支給を受けている方も多く、収入を抑えて働くことも考える必要の方も多いですよね!

 

普通にアルバイトなどで薬剤師として働くと年金の支給の減額も気にする必要も出てきますよね!

 

その点、薬剤師単発なら月に5日間働いたとして先ほどの1日24000円で計算した場合、月に収入は120000円ほどになります。

 

月に5日間程度で100000円の収入が可能なら年季を支給と共に働き方として良いのではないでしょうか?

 

薬剤師単発なら就業日数で、収入のコントロールもしやすく、シニアの方、60歳以上の薬剤師さんの働き方としては魅力があるのではないでしょうか?

 

また、薬剤師派遣紹介ですので、自分で1回ずつ仕事探しをする必要もなく、派遣会社に登録して働ける条件などを登録しておけば、希望に沿う求人を紹介して頂けます。

 

定年後、まったく仕事をしないという選択よりも月に数日でも働く方が、刺激にも収入にもなり、何よりも薬剤師の経験を活かして働けることは良いことだと思います。

 

新しい職場で1から働くには、年齢的にも今までの立場的にもしんどいという方に、単発薬剤師なら働きやすく、おすすめです。

 

定年後、シニア薬剤師さんの働き方として最近、人気が高く、働く方も増えている薬剤師単発派遣で働いてみませんか?

 

薬剤師単発派遣の詳細、詳しく知りたい方は、薬剤師派遣紹介が可能な薬剤師求人サイトを入手できます。

 


定年後の薬剤師の働き方

定年後の薬剤師の働き方としては薬剤師単発の仕事をおすすめしてきましたが、薬剤師の定年後の働き方としては他にも選択が有ると思います。

 

例えば、企業薬剤師、製薬会社やMRとして営業職として働いていた薬剤師さん、管理薬剤師として働いていた方が定年後に働く際に、調剤業務がメインの調剤薬局やドラッグストアが多いと言えます。

 

調剤業務が未経験の方も多く、定年後に初めて調剤業務をする方も多いと言えます。

 

私の知っている方でも医薬品の会社で働いていた方が、定年後の雇用先として調剤薬局で働いた方が居ます。調剤業務は全くの未経験でしたが、定年後に調剤の仕事を覚えて働いていました。
本人になぜ、調剤薬局で働きことを選んだのかを聞いたところ「老後で薬剤師として働ける職場は限られていて、調剤業務を経験しておくことは今後の老後に役立つ」ということでした。
その方は、その後も調剤薬局で働いています。

 

企業薬剤師や病院薬剤師として働いていた方は、定年前には結構な役職についておられる方も多く、第二も人生で一から新しい仕事に就くのは難しいと思われますが、薬剤師さんの定年後の仕事の多くが調剤業務ありです。今までの調剤に携わってきた薬剤師さんなら問題なく、定年後でも仕事探しもスムーズにいくと思いますが、企業などで働いていた薬剤師さんの方は、戸惑うこともあるかもしれませんが、シニアの薬剤師さんの仕事の多くが調剤業務、処方箋は付いてきますので、早めに経験した方が後々良いと思われます。

 

また、他にも病院薬剤師として働いていた薬剤師さんでも調剤業務の経験は豊富ですが、業務内容が全く違うことで戸惑われる方も居るそうです。

 

今までとは業務内容、仕事環境が違うことは、長年同じ職場で働いてこられたシニア薬剤師さんには戸惑うことが多いと言えますが、学ぶことが多くなるので柔軟な気持ちで働くことも大事だと言われます。

 

定年後の薬剤師さんの働き方もいろいろありますが、ほとんどが調剤メインの仕事になるので、経験者も未経験の薬剤師さんも調剤業務のスキルは必要になると思われます。


65歳以上の薬剤師さんの単発バイト

65歳以上、定年後に少しだけ働きたい薬剤師さん、仕事を完全には辞めたくないシニア薬剤師さんに、

 

月に数日だけでも働くことが出来る単発薬剤師の仕事を紹介しています。

 

単発薬剤師というのは、1日、2日間程度の日数で働くことが出来る薬剤師の仕事で、仕事内容も簡単な調剤業務などが多く、

 

薬剤師として経験が豊富なシニア薬剤師さんならすぐに始められる仕事、求人が多いと言えます。

 

また、薬剤師単発求人の紹介は、派遣会社からの紹介になります。

 

経験が豊富なシニア薬剤師さんは、単発薬剤師派遣紹介に条件にぴったりなので優先的に紹介してくれるケースも多いと言えます。

 

65歳以上の薬剤師さんで、

 

「月に1日〜5日間程度働きたい」

 

「年金の支給に影響ない程度で働きたい」

 

「健康や人とのかかわりのために働きたい」

 

などの理由で単発薬剤師という働き方に興味をお持ちの方は、

 

単発、スポットの薬剤師求人紹介が可能な薬剤師派遣会社への登録が必要になります。

 

当サイトでは、単発薬剤師の仕事紹介が可能な薬剤師派遣会社を紹介しています。

 

シニア、65歳以上の薬剤師さんの登録も多い薬剤師派遣会社ですので希望する条件の仕事紹介が期待できます。

なぜ、60歳以上、シニア薬剤師は単発薬剤師が良いのか

60歳以上、シニア薬剤師さんにおすすめの働き方として単発薬剤師を紹介してきました。

 

では、なぜそれほどまでにシニア薬剤師さんの働き方として単発やスポットの仕事が良いのか?

 

まず、一番の利用としては、医療業界では単発やスポットなど月の勤務時間が短い雇用には規制があります。

 

単発薬剤師や1日だけや月に数日だけの勤務の場合、誰でも働けるというわけではありません。

 

しかし、60歳以上の薬剤師さんは、この規制に当てはまらずに働くことが出来ます。

 

雇用側にしても60歳以上の薬剤師さんなら単発や短期での雇用に問題ないので積極的に雇用されていることもあります。

 

経験も豊富なシニア薬剤師さんに薬剤師の人材が欲しい日に来ていただけるなら雇用側にも大きなメリットがありますね!

 

働く側にも毎日働くことには消極的になっているのなら月に2、3日でも働ける仕事なら無理なく働けて収入も得られるのであれば嬉しいですよね!

 

無理なく働けて、雇用側からも喜ばれる働き方が出来ることが多く、シニア薬剤師さんなら今までのスキルや経験が活かせる働き方で、しかも規制もクリアできているのですからシニアの方で仕事を探しているなら、単発薬剤師はおすすめの働き方だと言えます。

シニア、660歳以上の薬剤師単発におすすめの薬剤師求人サイト

薬キャリ 派遣

 

国内最大級の求人数の薬剤師求人、エムスリーグループ運営
薬剤師求人サイト登録者数業界トップ
薬剤師派遣紹介でもトップクラス
薬剤師派遣保有求人数は5000件以上で最大級
登録から求人紹介までの期間が短い、最短で翌日
単発やスポット求人はもちろん、派遣紹介も可能


アプロドットコム

 

安心とサポート力の薬剤師派遣会社
全国対象で薬剤師派遣の求人数も豊富
単発、短期などの薬剤師求人紹介にも実績あり
好条件の薬剤師派遣を希望するならアプロ
キャリアドバイザーのサポートが頼りになる


薬剤師派遣 ファル・メイト

 

薬剤師派遣紹介に実績が豊富なサービスならファルメイト
対象地域も拡大中、全国をサポートOK
単発、スポットの薬剤師派遣、高時給の求人紹介
派遣薬剤師で働くならファルメイト
最低時給保障など高時給の派遣紹介