MENU

ブランク明けの薬剤師の働き方

医療関連の仕事、医師や看護師、薬剤師は、結婚、出産などで一度仕事を離れた方の再就職、復職は、一般職に比べて敷居が高いと言えますね!
実際、医療関係の再就職率、復職率は低く人材不足の業種で求人募集が多く、仕事探し、求人探しや比較的容易な割りに低いと言えます。

 

薬剤師の場合も長いブランクは仕事に対する不安が多くなり、以前の知識、スキルで以前のように働けるのか不安を持たれる方も多く、再就職、復職に積極的になれない方も多いようです。

 

ブランク明けの薬剤師の仕事としては、研修制度が有る職場、仕事が有れば研修制度を利用して、ブランクを克服することも可能ですね!
また、いきなり、フルタイムや毎日働くのではなく、少ない日数、少ない時間から働くことで徐々に慣れていくこともブランク明けの働き方としては重要だと思います。

 

ブランク明けの働き方として、働きやすいのが少ない日数で働くことが出来る薬剤師求人です。週に1日、2日や月に数回の勤務から始められる仕事なら無理なく働くことが可能です。
また、処方箋などブランク明けでは少し不安が有る方ならOTCのみのドラッグストアから始めるのも良いと思います。ドラッグストアの薬剤師求人は、就業時間の自由度もある職場も多いのでブランク明けの働き方にはおすすめの職場でもあります。

 

ブランク明けでも処方箋、調剤業務のしたい方、調剤薬局勤務をご希望の方は、研修制度などを利用することと、初めから全力で働くことは避け、少ない時間から始められる働き方がおすすめです。

 

薬剤師求人サイト中には、ブランク明けの求人紹介を積極的に行うサイトや研修制度が充実したサイトなど、ブランク明けの薬剤師さんの働き方に理解のあるサイトもありますので、是非そのようなサイトを利用して無理なく働ける働き方、求人をお探しください。


結婚、出産後のリハビリ的な薬剤師の仕事

結婚、出産で薬剤師のキャリアを諦め退職する方も多いと思います。休職、育児休暇などで長期的な休みを取れる職場なら休みを取り復帰の期間も出てきますが、完全に退職される薬剤師さんも多く、結婚生活、育児が落ち着いてから復職すればいいと考える薬剤師さんも多いかもしれませんが、休暇期間が長くなると医療業界の復職率は極端に下がります。

 

特に医師、薬剤師の復職率は、休職期間が長くなれば高くなる傾向です。復職の意思が有る場合でも、ブランクは医師、薬剤師さんには大きなものになるからです。
結婚、出産で退職した薬剤師さんのブランク明けの再就職、復職を希望されるならブランク期間を長くすることは避けた方が良いと思います。休暇期間が長くなりそうな方には、たまに単発などの薬剤師バイトなどをして現場から離れる期間を少なくするというのも有効な手段だと思います。
ブランク期間が半年など長くなりそうな方は、月に1回、2回単発薬剤師として働けば、ブランクは軽減され復職の際にもスムーズの再就職が出来るのではないでしょうか?

 

医療業界のブランクは一般職よりも復職、再就職の際の妨げになります。自分が思っているよりもブランクは重くのしかかると思うので、休暇期間の長い薬剤師さんには、たまに現場に出ることをおすすめします。