MENU

単発薬剤師派遣で働く前に

単発薬剤師、スポット薬剤師で働くのであれば薬剤師派遣紹介が便利で確実に求人紹介が出来ると思います。
しかし、医療関係、薬剤師として派遣で働く際には、いろいろな規制が付いてきます。

 

簡単に、薬剤師派遣の規制を書きますと
1.60歳以上である場合
2.学校教育法の学校(専修学校・各種学校を含む)の学生又は生徒(定時制・通信制の課程の在学者等を除く)
3.本業の年間収入の額が500万円以上である場合
4.主たる生計者でなく、世帯の年間収入の額が500万円以上である場合

 

以上の1つが当てはまれば、薬剤師派遣として働くことが出来ると思いますが。派遣の規制は年々変わっているので詳細は、派遣会社、薬剤師派遣紹介が出来る派遣会社にお聞きください。
薬剤師派遣会社なら医療業界の派遣に精通しているスタッフがサポートしてくれるので、単発薬剤師を派遣紹介でと思われている方は、まずは、薬剤師派遣可能な薬剤師求人サイトなどに登録してみて、あなたが今現在の条件で働くことが出来るのか、どのような働き方なら可能なのかなどを聞くことが必要だと思います。

 

上記以外にも働ける条件などもあるようですので、上記のあてはならない方でも派遣薬剤師紹介が可能な倍委もありますので、まずは専門のスタッフにお聞きください。

 

単発薬剤師で働くのであれば、派遣紹介になることがほとんどだと思います。普通に薬剤師バイトなどで探してみても単発バイトの募集は、皆無だと思います。
しかし、薬剤師派遣紹介ならこのような1日から働くことが出来る単発薬剤師求人紹介が出来ることが多く、地域差はありますが保有している派遣会社がほとんどです。
しかも、単発薬剤師派遣は高時給の募集は多く、時給3000円以上は当たり前で、時給4000円、時給5000円などの募集もあります。

 

月に数日だけ働きたいと思われている薬剤師さんには、単発薬剤師は魅力のある働き方だと思いますが、派遣紹介になることがほとんどですので、薬剤師派遣として働くことが出来るかが重要になります。

 

派遣薬剤師として働くことが出来るかの確認が出来る薬剤師求人サイト

 

単発薬剤師派遣で働きやすい薬剤師

単発薬剤師派遣は、規制などで働けない薬剤師さんもあります。
単発やスポットなどの薬剤師派遣で働きやすい薬剤師さんとして薬剤師として働いてきて定年退職した60誌以上の方、薬剤師経験が豊富な60歳以上の方、結婚後に退職された主婦薬剤師さん、薬剤師として働きながら副業をお探しの方などが挙げられます。

 

最後の副業での単発薬剤師派遣は、薬剤師の副業は、ほとんどの職場で禁止されていると思いますので、働きやすいとは言えないですね!
60歳以上の薬剤師さんや主婦薬剤師さんで、月に数日だけ働きたいなどの場合には単発薬剤師派遣は、働きやすいと言えるのではないでしょうか?
1日から働けて、しかも高時給の求人紹介が可能な派遣の単発薬剤師は、月に数日だけでもある程度の収入が見込めます。
特に薬剤師の経験、調剤薬局や病院などに勤めていた薬剤師さんで、結婚や定年で退職された方は、派遣会社でも優先的に仕事を紹介してくれることも多く、働きやすいと言えます。

 

ダブルワークや副業で単発薬剤師バイトは可能か

単発やスポットの薬剤師バイトを希望する方の中には副業やダブルワークでお考えの方も多く、副業として月に1日、2日ほど休日に働くことを考えている方も多いと思います。

 

単発薬剤師で検索される方の半数以上が副業で働くことが出来るのか知りたいと思われています。
薬剤師の副業やダブルワークは、基本、本業が薬剤師の場合、職場の就業規則で禁止されていると思います。ですので薬剤師の副業は、本業の理解がなければできないと言えます。
また、管理薬剤師など薬剤師の副業が薬事法で禁止されていることもあります。

 

薬剤師として副業、ダブルワークをすることは、意外に規則や薬事法などで禁止されていることが多く、ほとんどの方がクリアー出来ないと思われます。
副業をお考えの薬剤師さんは、まずは自分が副業しても問題ないのかを知る必要があります。就業規則での禁止は勤め先で簡単に知ることが可能ですが、薬事法などでの禁止や副業をする際に派遣薬剤師などを選ぶ際には派遣で働くことが可能なのかを調べる必要もあります。
働くことが出来る求人を探し前に、副業、ダブルワークが可能なのかを調べてください。薬剤師求人サイトなどのコンサルトさんの相談してみるのも良いと思います。